2018年上半期概況

2018(平成30)年の上半期が終了。今期の成績は、出資馬7頭が37戦して6勝でした。

前年同期と比べると、出走したレース数は約倍となりましたが、勝鞍は一つ少ない6勝に終わりました。今期も中央競馬では1勝もできませんでした。

2歳のデビュー馬はなく、引退馬が3頭に達し、6月はわずか2戦にとどまりました。

JRAの3歳馬は、今年もここまで全馬未勝利のまま。情けないとしか言いようがありません。

JUGEMテーマ:日記・一般


 


2018年戊戌

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

昨年は出資馬10頭が46戦して10勝という成績でした。

 

出走馬は前年同数の10だったものの、のべ出走回数は19減と大きく減少しました。
優勝回数は2桁に達し、前年を3勝上回りましたが、2年続けて中央競馬での勝ちはなく、10勝はすべてが地方競馬という結果に終わりました。引退・抹消馬は4頭で、新たにデビューした馬は3頭でした。

昨年のハイライトはローズジュレップの南関東公営重賞クラウンカップ優勝でしたが、同馬はその後不慮の死を遂げてしまいました。フォスフォラスは1月に優勝したものの、その1戦のみの隅1で故障から立ち直れず年末に現役続行を断念。地方落ちしていたアンフィールドは勝てず戻れずで、グリーンラヴも3戦しただけで引退となりました。

引退馬も含めて昨年は出走回数が少ない馬が多かったように思います。

 

今年の現有勢力は7頭で、愛馬会別に以下の陣容です。
グリーンは明け4歳の公営笠松カサマツブライト1頭。昨年は唯一通年走り、しかも西へ東へ遠征し、月一回コンスタントに走って12走と頑張りました。C級に格付けされて足踏みしている現状は納得できるものではありませんが、年明けの出走予定も決まっているので、早々に1勝を期待しています。

ノルマンディーも明け3歳のカシャーサ1頭だけになりました。未勝利脱出が目標になります。
ユニオンは3頭。明け5歳のナポレオンズワードと明け3歳のジェネラルシップは勝てそうで勝てないレースが続いている現状。歯痒いとはいえ、もう一踏ん張りが必要のようです。明け3歳の牝馬グッジョブハニーは、まだ新馬を1戦しただけ。一度レースを経験したので、次は前進してほしいものです。

社台も1頭。明けて5歳になるギブオフライト。脚元の不安がなくなれば、こんなものではないと思うので、とにかく強化した姿を見せてもらいたいだけです。

サンデーも明け4歳のペタルーダ1頭のみですが、昨年中盤から後半にかけて3勝し、今年最も期待してるのがこの馬です。大井競馬場外回りコースの直線で豪快な追い込みを今年も見せてくれるのではないでしょうか。

この他デビューを待つ3歳馬が1頭いるので、今年の当面の目標は中央競馬での1勝です。甘くないのは分かっていますが、無事に走ってくれればチャンスはあるでしょう。2歳戦が始まる前までにはなんとかならないものかと思っています。

JUGEMテーマ:日記・一般


2017年上半期概況

2017(平成29)年の上半期が終了しました。

今年ここまでで出走した出資馬は7頭(会員の手を離れているアンフィールドを除く)で、のべ19戦して7勝という成績でした。前年同様中央競馬での勝ち鞍はなく、7勝はすべて地方競馬でした。

前年同期と比べると出走レース数は約半減したものの勝ち鞍は増え、既に昨年の勝数に達してしまいました。

ナポレオンズワードが東海公営で3連勝したのが大きかったわけですが、ローズジュレップの南関東重賞クラウンカップ優勝もありましたね。

出走した出資馬の通信簿を付けるとこんな感じでしょうか?

7歳のグリーンラヴ(牡、栗東、グリーン)はゼロ戦でした。休みっぱなし。後半に働いてもらいましょう。現在、宇治田原優駿ステーブルで休養中。復帰は小倉競馬の2週目以降ということで、8月中旬くらいになりそう。

6歳のフォスフォラス(せん、船橋、社台)は1戦1勝。今年最初の出走馬で最初の勝ち馬でしたが、その後は休養に入ってしまいました。只今も山元トレセンで休養中。復帰時期の見通しはアナウンスされていませんが、スミイチでは困るので、後半の活躍を期待しています。

4歳馬は2頭出走しました。

ギブオフライト(牡、大井/小林、社台)は、この馬も1戦のみで、2着1回。順調に使えないのが悩みのタネ。そろそろしっかりほしい馬です。

ナポレオンズワード(せん、美浦、ユニオン)は公営名古屋競馬から再起し、4戦3勝。レースで逸走するなど迷惑をかけながらも去勢されてまともになったのか、あっさり3連勝して中央競馬に帰還しました。後半の目標は、もちろんJRAでの初勝利でしょうね。

3歳は3頭出走。

ローズジュレップ(牡、浦和、ノルマンディー)は2戦1勝で、川崎の重賞を勝ったものの、事故で夭逝。将来を期待していたのにとても残念な結果になってしまいました。

カサマツブライト(牝、笠松、グリーン)は6戦1勝。月1のペースで走り、中央競馬でも2走しました。地元での1勝のみですが、後半戦はもう少し頑張ってほしいところ。この夏のJRA新潟競馬参戦というプランもあるようです。他馬を気にする面が解消されれば、成績も上がるのではないでしょうか?

ペタルーダ(牝、大井/外厩、サンデー)は4戦1勝。デビュー7戦目での初勝利。2日前にようやく勝てました。強い勝ち方だったので、先々はローズジュレップの穴を埋めるくらいの活躍を願っています。だけれどもゲートが課題なので、大きな期待は上手になってからかな。次走は7月下旬の大井競馬が視野に入っている模様。26日からの開催で出走する可能性もありそうです。

2歳は1頭ジェネラルシップ(牡、美浦、ユニオン)がデビューし、1戦3着1回。現在は松風馬事センターで放牧中。戦列復帰を楽しみにしています。年後半は他の2歳出資馬が早くデビューできるといいのですが、どうかな?

JUGEMテーマ:日記・一般


2017年丁酉

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

本日、2017年の中央競馬が開幕しましたが、しばらくJRAでの出走はなさそう。

新年のスタートの陣容を見ると、現役の中央馬はわずかに1頭ですから仕方ありません。現役馬は8頭と昨年の同時期より1頭増えているものの、全馬が稼働しているわけでもなく、どこかで好転のきっかけをつかみたいという状況です。

 

昨年は2歳の交流重賞を勝ったとはいえ、低迷した馬も多くいましたので、今年は全体としての底上げを目指したいところです。

3歳勢の躍進と古馬勢の奮起に期待しています。

現有勢力は8頭で、愛馬会別に以下の陣容となります。
社台/サンデーは3頭。口数の大きいクラブで、昨年は完全に足を引っ張られました。今年は全馬に挽回してもらわねばなりません。明け6歳のフォスフォラス(船橋)は、昨年前半に8戦(0勝)したものの後半は去勢などで全休。ようやく復帰の目処が立ち、13日の船橋競馬で出走の予定。初戦から張り切ってもらいたいものです。明け4歳のギブオフライト(大井)は、2月に1勝したものの夏場を挟んだ休養のロスが大きかった上に、復帰後も凡走続きで、再び戦線離脱。現在は千葉のセグチ・レーシングステーブルで放牧中。C級で低迷しているこの2頭には早く覚醒してもらいたいけれども、どうでしょうか? 明け3歳のペタルーダ(大井)は外厩で調整中。今年は能力を開花させてほしいのですが、次走はまだ示されていません。
グリーンは2頭。明けて7歳となるグリーンラヴ〈JRA栗東)は、ワコーファームで休養中。唯一の中央在籍馬ですが、慎重に仕上げるようなので、復帰がいつごろになるか待ち遠しいです。明け3歳のカサマツブライトは19日の園田競馬遠征というプランもあるようで、楽しみです。

ノルマンディーは2頭。中央登録を抹消した明け4歳のアンフィールドはオカダスタッドで放牧中。まだ骨折から完全に立ち直ってない様子。復帰に向けた朗報が届くまで、しばらくは我慢の日々が続きそうです。明け3歳のローズジュレップ(浦和)は、ノルマンディーファーム小野町で休養中。次の目標に向けて英気を養っているといったところ。次走は2月の大井競馬のようです。
ユニオンは1頭。明け4歳のナポレオンズワード(名古屋)は、中央登録を抹消されて新天地からのスタート。弥富トレセンでレースに向けて調整中。まだ目標のレースが示されていないので、もうしばらくの辛抱かもしれません。今年は中央再登録だけでなく、そこから先の活躍にも期待したいので、大化けして(本音はユニオンの馬での連敗を止めて)ほしい1頭です。

JUGEMテーマ:日記・一般


今年の成績

2016(平成28)年の成績は、のべ10頭が65戦して7勝でした。
中央競馬の勝ちはなく、7勝はすべて地方競馬でのもの。うち2歳馬が6勝してますので、2歳馬の活躍に助けられました。

出走馬を年齢順に振り返ると、6歳のグリーンラヴは11戦して1着はなかったものの、最多走と頑張ってくれました。来年も現役続行ということで、まだまだ頑張ってくれそうです。

5歳馬は中央のピッツネイルが屈腱炎で引退してしまいました。障害、平地と5戦して勝てなかったものの、川崎の交流戦(準重賞)と函館のハンデ戦で5着と健闘した後だったので、とても残念です。

地方のフォスフォラスは、前半で8戦(2着1回)してくれましたが、去勢手術や挫跖で7月以降レースから遠ざかっています。暮れに調教試験に合格したので、復帰が待たれます。

4歳馬は、3歳時に全滅してしまったのでいません。

3歳馬は4頭出走しましたが、中央の3頭はすべて未勝利に終わってガックリ。このうちアソングフォーユーは骨折して引退。アンフィールドとナポレオンズワードも骨折してしまいましたが、この2頭は地方競馬からの復帰に望みを託します。

地方のギブオフライトは1勝したものの5月から10月までソエなどで休養していて、復帰後の成績が上がりません。

2歳馬は出資した3頭がすべてデビュー。2頭がデビュー勝ちしました。全馬地方馬で、北海道のローズジュレップは5月にデビューして4勝、11月の兵庫ジュニアグランプリは圧巻の優勝でした。笠松のカサマツブライトも2勝しています。大井のペタルーダは3戦して未勝利。まだ羽化していないといったところでしょうか?

 

来年は、地方競馬から再起を目指す馬たちが中央再登録を果たし、あるいは2歳馬がデビューするまでは、中央所属馬はグリーンラヴ1頭ということになりますが、地方の馬たちも各地で頑張っているので、楽しませてくれるでしょう。奮闘を期待しています。

今年も応援ありがとうございました。

良いお年を。

JUGEMテーマ:日記・一般


2016年丙申

新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の出資馬の成績は、10頭がのべ43走し6勝を挙げました。6勝の内訳は中央競馬1勝、地方競馬4勝。一昨年と比べると1勝上回りましたが、出走数も増加したため、勝率は下がってしまいました。出走数が増えたことと、明けて3歳となった出資馬がすべて2歳時にデビューできたことは良かったものの、登録抹消馬が3頭、骨折による長期休養馬も3頭いたことは残念でした。今年は勝率アップと中央競馬での勝ち鞍を増やすことを目指します。

今現在の現役馬は7頭。これは昨年同時期に比べて1頭増加しています。
出資馬で最高齢となった明け6歳のグリーンラヴは、昨年は最下級条件で未勝利だったものの最多走の13戦と頑張りました。今年こそ1勝してほしいところです。栗東トレセン在厩で、優先出走権もあることから1月の京都競馬に出走予定です。
昨年も10戦3勝と元気によく走り、最多勝を挙げた明け5歳のピッツネイルは、11月に障害入り初戦を快勝した後、疲労回復のため放牧に出ています。今年初戦は2月の東京競馬の障害レースが目標のようです。障害で大成してほしいのはもちろんですが、個人的にはダートの交流戦も見てみたいと思っています。
明け5歳の地方所属馬フォスフォラスは、春先に2勝したものの骨折で長期休養に入り、12月に復帰しました。今年は、1月18日開幕の地元船橋開催から始動するようです。現在はC級に落ちているので、上のクラスに戻ることが急務となるでしょう。
明け3歳馬は4頭。
新馬デビューのあと骨折して、11月に戦列に復帰したナポレオンズワードは美浦トレセン在厩。今は順調のようで、早速中央競馬開幕日の1月5日に中山競馬で出走を予定しています。幸先の良いスタートを切りたいです。
アソングフォーユーも美浦トレセン在厩。この馬も臨戦態勢にあるようで、1月5日もしくは11日に出走の予定。芝のレースが目標ということなので、ダートのナポレオンズワードと激突することはないでしょう。
骨折と去勢の手術をしたアンフィールドは放牧中。復帰にはもう少し時間がかかりそうですが、カムバックが楽しみ。
地方所属で28日にデビュー戦を飾ったギブオフライトは、大井競馬場小林分厩舎在厩。順調なら11日から始まる大井競馬で出走の可能性があります。出走すれば、当然連勝を期待しています。
JUGEMテーマ:日記・一般

2015年乙未

新年明けましておめでとうございます。
皆様のご健勝並びに一口会員の皆様におかれましては愛馬の一層のご活躍をお祈り申し上げます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

昨年の出資馬の成績を振り返ると、競走年齢に達した馬は6頭。このうちデビューできなかった馬が1頭いたため、出走馬した5頭が、のべ34戦し5勝という成績でした。5勝の内訳は中央競馬1勝、地方競馬4勝。わずか1勝しかできなかった一昨年と比べると数では上回りましたが、どれも下級条件でのもので、相変わらず低空飛行の状況でした。
それでも、明けて4歳となる3頭がすべて勝ち上がり、それだけでなく引退馬が1頭も出なかったことは幸運だったと言わざるをえません。無事に走れたことを感謝しなければと思います。

さて、今年の現有6頭の近況ですが、まずは明け3歳馬から。
未デビューの牝馬は暮れに入厩しているということで、早期のデビューに期待しています。
昨年3戦して結果を出せなかったハルダヨリは、新年初日の中山競馬オープニングレースに出走が確定。幸先の良いスタートを切ってほしいものです。
明け4歳馬。
昨年も8戦(1勝)して元気いっぱいのピッツネイルは、新年も既に臨戦態勢にあります。
ネーラペルレは、クラスが上がってスピードが通用しませんが、先行力があるので、脚質に幅が出ればといったところでしょうか?
公営船橋のフォスフォラスは、地方馬らしく昨年は12戦を消化。地元戦より輸送のある川崎で安定したレースをしています。3勝しましたが、古馬と対戦するようになってからは苦戦中。現状は下級条件ですが、今年の飛躍を見込んでいます。
最後に明けて5歳となるグリーンラヴ。昨年は4戦して未勝利。出資馬の大将格だっただけに残念な結果に終わりました。膝が悪かったり、気性面の問題もあって大成せず、クラスが下がっても凡走を続けています。なんとか現状を打破して、活躍することを願っています。

2歳馬がデビューするまでは、全馬に頑張ってもらわねばなりませんが、特に明け4歳となる3頭の成長を楽しみにしています。
JUGEMテーマ:日記・一般

2014年甲午

新年明けましておめでとうございます。
皆様のご健勝並びに愛馬のご活躍をお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年は引退馬が多く、競走年齢に達している出資馬も4頭と手薄になってしまいましたので、少数精鋭で精一杯頑張って行きたいと思っております。
唯一頭の古馬グリーンラヴ(明け4歳)は放牧療養中で、復帰は5月か6月あたり。降級する夏番組からとなるかもしれません。明け3歳の出資馬は3頭いますが、唯一2歳時にデビュー出来たピッツネイルも現在は放牧に出ていて、復帰は2月開幕の小倉競馬の予定。
目下の入厩馬は1頭。未出走のフォスフォラス(公営船橋所属)がいますが、まだ愛馬会からはデビュー予定のアナウンスがありません。腰が甘いようなので、ビシビシ調教されてからでしょう。地方馬なのでじっくり仕上げを待ちたいところです。
残る1頭は未入厩のネーラペルレですが、早ければ1月中に美浦に入厩するようなので、順調なら楽しみが少し増えます。

明け2歳馬がデビューするまでは、今年はこの4頭。
全馬無事にレースを迎えられることを願っています。
JUGEMテーマ:日記・一般


 

応援ありがとうございました。

今年もあと一日。
この一年、愛馬への応援ありがとうございました。

2013(昭和25)年の成績は、7頭が出走、32回走って1勝でした。
今年は昨年にも増して厳しい年となりました。

今年は競走年齢(2歳)に達した出資馬は9頭いたのですが、2歳馬2頭が年内に仕上がらずデビューできませんでした。
前年と比較すると出走馬が2頭増え、このため出走回数は14回上回ったのですが、1勝しか出来ず、2勝の昨年に及ばない結果に終わりました。
また、今年は引退馬も多く、出走した7頭のうち5頭が引退。残り2頭のうちの1頭も骨折による長期休養を余儀なくされている状況です。
新年に向けて寂しい手駒となってしまいましたが、今年の出走馬を振り返ってみます。

サマーウインド
サマーウインド(牡8歳、ユニオン)は、今年も4戦。しかし、5着以内の入着もなく、寂しく引退となりました。今後は北海道の公営競馬で走るようです。手元を離れましたが、走り続ける以上、栄光を取り戻すことを願っています。

ラッシュザワーク
ラッシュザワーク(牡6歳、グリーン)は、障害で3戦したのみ。同馬も入着がなく、ノド鳴りのため引退となりました。障害での活躍を期待していただけに残念です。

ヘヴンリーカラーズ
公営名古屋で2度圧勝して中央再登録となったヘヴンリーカラーズ(牝4歳、ユニオン)は6戦したものの、全くいいところがなくすべて着外に終わりました。中央競馬では通用しなかったので、この馬にとってはずっと地方競馬で走っていた方が良かったかもしれません。最後のレースでは落馬した後、狂走し、屈腱炎を発症して引退となりました。

アンサーソング
2歳のデビュー戦ではそこそこ良い競馬をしたアンサーソング(牝3歳、社台)は、今年は3戦すべて2桁着順に終わり、呼吸器系の疾患から早々と5月に引退してしまいました。

マルチタクティクス
外国産馬のマルチタクティクス(牡3歳、ユニオン)は、蹄の状態が良化してようやく5月にデビューしましたが、わずか2戦のみで引退。凡走ばかりでは仕方ない結果ですが、走った競馬場が新潟と盛岡だったため、結局一度も生でレース観戦できなかったのが残念です。

グリーンラヴ
2着馬と僅かハナ差ながら今年唯一の勝ち鞍を挙げた馬がグリーンラヴ(牡3歳、グリーン)です。大きなハナ差となりました。骨折から復帰して7回走ってくれましたが、残念なことに、また骨折してしまいました。治癒するまで、年が明けてもしばらくは休養です。

ピッツネイル
新生クラブ1期生の1頭、ピッツネイル(牝2歳、ノルマンディー)は極めて順調に育ち、500kgを超す馬体で2歳8月にデビューを迎えると12月まで7戦してくれました。勝ち鞍はなかったものの、とても良く走ってくれました。現在は放牧されていますが、しばらくは適当なレースがないということなので、復帰が楽しみです。

現役のグリーンラヴとピッツネイルはともに関西所属なので、とうとう関東の稼働馬はゼロという悲惨な状況になってしまいましたが、来年は少数精鋭の活躍に期待しています。
では、良いお年を。
JUGEMテーマ:日記・一般

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。
皆様のご健勝と皆様の愛馬のご活躍をお祈り申し上げます。
本年もよろしくお願いいたします。

昨年のこの時期は愛馬の新年の出走の目処が全く立たずで、1月はブログの更新もできない悲惨な状況でした。初出走は3月10日になってしまいました。
本年はトレセン在厩馬もいて、順調なら1月中の出走もありそうです。無事にレースを迎えてもらいものです。
故障馬がいて、稼働馬は少ないのですが、たくさん奮戦記が書ける年になることを願っています。
JUGEMテーマ:日記・一般

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
sponsored links
愛馬情報
Powered by 一口馬主DB
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM